親知らずの抜歯

親知らずの抜歯について

口腔内に悪影響がある場合には抜歯を検討します

口腔内に悪影響がある場合には抜歯を検討します親知らずは正式には「第三大臼歯」と言い、歯列の一番奥から生えてくる歯のことです。通常、20歳前後に生えてきますが、生えてこないケースもあります。親知らずが正しい方向に生えてきていて、口腔内に悪影響をおよぼしていない場合にはそのまま置いておいても問題はありませんが、痛みや腫れを引き起こしていたり、歯並びを悪くしていたり、親知らずやまわりの歯の虫歯・歯周病の原因となっている場合などには、抜歯を検討する必要があります。

親知らずの症状

痛み・腫れを引き起こす

現代人の顎は小さいため、親知らずが斜めや横向きに生えてくる傾向にあります、こうした場合、まわりの歯を圧迫したり、歯茎を傷つけたりして痛み・腫れなどの症状を引き起こすことがあります。また、親知らずが顎の骨に埋まっている(埋伏歯)場合にも、まわりの組織を圧迫して症状を引き起こすことがあります。

歯並びを悪くする

親知らずが斜めや横向きに生えていると、隣の歯を圧迫して歯並び全体を悪くしてしまうことがあります。

虫歯・歯周病になりやすい

親知らずが斜めや横向きに生えていると、きちんとブラッシングすることが難しいため虫歯・歯周病になり、痛みや腫れなどの症状を引き起こすことがあります。また、正しい方向に生えていても、歯列の一番奥から生えてくる親知らずには歯ブラシが届きにくいため、病気リスクが高いと言えます。

隣の歯の虫歯・歯周病の原因となる

親知らずが横向きや斜めに生えているため、隣の歯のブラッシングを阻害してしまい虫歯・歯周病の原因となることがあります。

口臭の原因となる

歯列の一番奥から生えてくる親知らずには歯ブラシが届きにくく、清潔な状態を保つのは難しいため、食べかすやプラーク(歯垢)などの汚れがたまって口臭の原因となることがあります。

ホームページを見たとお伝えください TEL:078-593-2622
冨田歯科クリニックからのお知らせFacebook 冨田歯科クリニックYouTube 冨田歯科クリニック