歯周外科

歯周外科治療

フラップ手術について

フラップ手術とは

フラップ手術とは、中等度以上の歯周病に対して行われる外科的処置です。歯周基本治療だけでは改善が見込めない場合や、歯周ポケットが深くなって奥まで器具が届かない場合などに、歯茎を切開して歯根面を可視化した後、歯根面にこびり付いている歯石などの汚れを直接除去します。フラップ手術は保険が適用される場合があります。

歯周病の原因を直接除去します

歯周病の一番の原因はプラーク(歯垢)です。プラークは歯周病菌などの細菌の塊で、このプラークが時間の経過とともに石灰化して固まったものを歯石と言います。歯石はセルフケアだけでは除去することができず、表面がざらざらしているので、放置しているとプラークが付着してどんどん歯石が増えることになります。
プラークや歯石は歯肉溝(歯茎の下)に入り込み、歯周組織を破壊しながら歯周ポケット(歯と歯茎の境目にできる溝)を形成していきます。初期の歯周病で、歯周ポケットが浅い場合にはスケーリング・ルートプレーニング(SRP)でプラーク・歯石をきれいに取り除くことが可能ですが、症状が進行して歯周ポケットが深くなると器具が届かなかったり、正確に器具を操作して除去できなかったりすることがあります。そうした場合には、歯茎を切開して歯周病の原因であるプラーク・歯石を直接取り除くフラップ手術を行う場合があります。

フラップ手術のメリット

フラップ手術のメリットは、歯周病の原因である歯石などの汚れを、直接目で見て確実に取り除けることです。軽度の歯周病の場合、外科的処置をともなわない治療でプラークや歯石などの汚れを除去して改善させることが可能ですが、中等度以上の歯周病にまで進行してしまった場合には、フラップ手術を行い歯根面の汚れを直接除去することで、効果的に症状を改善させることが可能となります。

一度歯周病にかかると完治させることはできません

一度歯周病にかかると完治させることはできません一度、歯周病にかかると改善させるのは簡単ではなく、完治させることはできないとされています。歯周病が進行すると歯槽骨(歯を支える骨)が溶けてしまい歯を失うことに繋がりますが、この歯槽骨を回復させるためには外科的処置が必要で、「エムドゲイン (歯周組織再生療法)」「GBR(骨誘導再生)」「GTR(歯周組織誘導法)」などの歯周組織再生療法により回復をはかる場合もありますが、完全に元の状態に戻すのはほぼ不可能です。そのため、重度の歯周病にまで進行してしまうと抜歯をするほかないというケースも少なくありません。

フラップ手術の治療時間・術後のメンテナンス

治療時間

患者様の歯の状態によっても異なりますが、フラップ手術の治療時間は数本程度の歯に対して処置を行う場合で1~2時間程度です。細かな処置が必要になる場合には、さらに時間がかかります。

術後のメンテナンス

フラップ手術後は患部を特殊なパックで覆って保護し、通常、1~2週間後に抜糸を行います。治療後は歯周ポケットの状態が改善されるので、定期メンテナンスに移行して再発を防止します。

歯牙移植(歯の移植)

歯牙移植について

歯牙移植とは

歯牙移植とは、加齢や病気、事故などで歯を失った時に、親知らずなどの余っている歯を欠損部分に移植する方法です。「欠損部分の顎の骨の量が十分にある」「移植する歯が健康」「移植先の歯根の形が単純」などの条件を満たす必要がありますが、これらをクリアすれば入れ歯やブリッジのような人工物にはない安定感や、自然な咬み心地を得ることが可能となります。また、自分の歯を移植するので拒絶反応が起こりにくく、抜歯から移植まで同じ歯科医院で行えば保険適用で移植することができます。

歯牙移植のメリット
  • 入れ歯やブリッジのような人工物にはない安定感が得られる
  • 歯根膜も一緒に移植するので、自然な咬み心地が得られる
  • 自分の歯を移植するので拒絶反応が起こりにくい
  • 抜歯から移植まで同じ歯科医院で行えば保険が適用される
ホームページを見たとお伝えください TEL:078-593-2622
冨田歯科クリニックからのお知らせFacebook 冨田歯科クリニックYouTube 冨田歯科クリニック