歯周病

歯周病について

歯周病とは

人間の歯は「歯茎」「セメント質」「歯根膜」「歯槽骨(歯を支える骨)」などで構成される歯周組織で支えられていますが、この歯周組織が歯周病菌によって破壊される病気が歯周病です。症状が進行すると歯槽骨が溶けてしまい、最終的に歯が抜け落ちてしまうこともあります。
現在、歯周病は歯を失う一番の原因とされており、初期には自覚症状がほとんど現れないため、症状を感じて歯科医院に来院した時にはすでに悪化していたというケースも少なくありません。

歯周病の一番の原因はプラーク(歯垢)です

歯周病は、歯周ポケット(歯と歯茎の境目にできる溝)が深くなり始める30代から増加します。日本人の40歳以上のうち、80%の方が何らかの形で歯周病に罹患しているとされています。若い時は免疫力が高いので、歯周病の一番の原因であるプラーク(歯垢)が侵入してきても歯茎が腫れる程度で済むことが多いのですが、加齢とともに免疫力が低下すると、歯槽骨が溶けて歯を失うリスクが高くなってしまいます。
一度、歯周病にかかると完治させることはできません。外科的処置により溶けた歯槽骨を回復させることができる場合もありますが、完全に元の状態に戻すのはほぼ不可能です。そのため、歯周病から歯を守るためには、ご自宅でのケア(セルフケア)と歯科医院でのケア(プロフェショナルケア)の2つのケアを両立させて、予防することが何よりも重要となります。

歯周病のセルフチェック

次のような症状に心あたりがある場合には、すでに歯周病が進行してしまっている可能性がありますので、神戸市北区の富田歯科クリニックまでお早目にご相談ください。早期発見・早期治療が大切な天然歯を守ることに繋がります。

  • ブラッシング時に歯茎から血が出る
  • 歯と歯の隙間にものがよく詰まる
  • 歯茎が腫れている
  • 硬いものを噛むと痛みが生じたり、出血したりする
  • 冷たいものや、甘いものが歯にしみるようになった
  • 歯がグラグラと動く
  • 歯の根が露出している
  • 歯が伸びたように見える(歯茎が下がった)
  • 歯と歯の間に隙間ができてきた
  • 噛み合わせがおかしくなった
  • 指で押すと歯茎から膿が出る
  • 口臭がする

歯周病の治療

ブラッシング指導

患者様の現在のブラッシング方法や、使用中の歯ブラシの種類、磨き残しの多い部分などを詳しく確認した上で、最適な歯の磨き方をアドバイスして適切にプラークコントロールがはかれるように指導します。

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

スケーリングとは、「スケーラー」という専用器具を使用して、セルフケアだけでは除去できない歯周ポケット内のプラークや歯石などの汚れをきれいに取り除く治療です。ルートプレーニングとは、「キュレットスケーラー」という専用器具を使用して、スケーリング後に歯根面を滑らかに整えて汚れの再付着を防ぐ治療です。ブラッシングによるプラークコントロールと、このスケーリング・ルートプレーニングのことを「歯周基本治療」と言い、その名の通り歯周病治療の基本となります。

歯周外科治療(フラップ手術)

歯周病の進行により歯周ポケットが深くなり、スケーリング・ルートプレーニングだけではきれいに汚れが除去できない場合などには、歯茎を切開して歯根面を可視化させた後、直接歯石などの汚れを取り除くフラップ手術を行う場合もあります。

歯周病治療の流れ

1基本検査

プロービング検査により、歯周ポケットの深さ・形、歯の動揺度、歯肉縁下のプラークの有無、歯の動揺度などを確認するほか、レントゲン検査やCT検査により歯槽骨の状態を確認するなどの検査を行います。

2ブラッシング指導

適切にプラークコントロールがはかれるように、お一人おひとりに最適なブラッシング方法を指導します。

3スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

スケーリング・ルートプレーニングを行って、セルフケアでは落とせない歯石縁下の歯石などの汚れを除去します。治療後、歯の状態を確認して再評価します。良好な結果が得られたら定期メンテナンスに移行します。

4歯周外科治療(フラップ手術)

歯周基本治療だけでは良好な結果が得られない場合には、歯茎を切開して歯根面を可視化させた後、こびり付いて取れない歯石などの汚れを除去するフラップ手術を行う場合があります。フラップ手術では外科的処置が必要となりますが、効果的に歯周病の症状を改善させることが可能となります。

ホームページを見たとお伝えください TEL:078-593-2622
冨田歯科クリニックからのお知らせFacebook 冨田歯科クリニックYouTube 冨田歯科クリニック