噛み合わせ

なぜ噛み合わせが重要なのか?

「噛み合わせ」はあらゆる歯科治療で欠かせない要素です

「噛み合わせ」はあらゆる歯科治療で欠かせない要素です「噛み合わせ」とは上下顎の歯が接触する状態のことを言い、これが悪いと歯ぎしりなどの歯科的な影響だけでなく、全身にも様々な悪影響をおよぼす場合があります。慢性的な肩こり、頭痛、腰痛などの原因が噛み合わせの悪さにあることも珍しくありません。そのため、虫歯治療、補綴物を用いた治療、入れ歯治療、インプラント治療など、あらゆる歯科治療で噛み合わせは欠かせない要素となります。

「噛み合わせの悪さ」は虫歯・歯周病と同じく病気です

日本では一般的に、口腔内に虫歯や歯周病がなければ「問題なし」とされていますが、ヨーロッパなどの歯科医療先進国では噛み合わせの悪さも、虫歯や歯周病と同じように歯に悪影響をおよぼす病気の1つだと考えられています。例えば、噛み合わせが悪いため、特定の歯に過度な負担がかかりクラック(亀裂)が生じて、そこから細菌が侵入して虫歯を発症させてしまうことがあります。
虫歯や歯周病だけを口腔内の代表的な病気と考えるのではなく、ヨーロッパの歯科医療先進国のように「噛み合わせ」も含めて口腔内の状態をトータルに診ていくことが大切です。神戸市北区の富田歯科クリニックでは、天然歯の噛み合わせはもちろんのこと、詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)などの治療後の噛み合わせもしっかりと診て口腔内をトータルケアしていきます。

「噛み合わせの悪さ」による悪影響

顎関節症の原因となる

顎関節症の原因となる噛み合わせが悪いと顎関節に過度な負担がかかってしまい、「顎関節症」の原因となる場合があります。顎関節症になると「顎の関節や筋肉が痛む」「大きく口が開けられない」「顎を動かすとカクカクと音が鳴る」などのほか、顎がだるくなったり、口が閉じられなくなったりすることがあります。

歯茎の特定の部位が腫れる

噛み合わせの悪さによって歯に過度な負担がかかり、歯が揺れてしまって歯茎の特定の部位が腫れてしまうことがあります。

虫歯・歯周病リスクが高くなる

噛み合わせが悪いと適切なブラッシングが行いにくくなるため、磨き残しが多くなって虫歯・歯周病の発症・再発リスクが高くなることがあります。また、歯と歯の接触部分が少なくなって汚れが落ちにくくなることで虫歯を発症させてしまったり、歯に過度な力が加わることで歯周病を悪化させてしまったりすることもあります。

全身疾患の原因となる

噛み合わせが悪いと、咬合力のバランスが崩れて筋肉に悪影響をおよぼし、お顔の形が変形してしまうことがあります。また、全身の重心がずれて首や肩などの緊張状態に影響をおよぼし、慢性的な肩こり、頭痛、腰痛などの全身疾患の原因となることもあります。

噛み合わせ治療の事前検査

現状を可視化する事前検査を行っています

神戸市北区の富田歯科クリニックでは、患者様と噛み合わせの問題点や治療の必要性を共有して、ご納得して治療を受けて頂くために、噛み合わせの現状を可視化する事前検査を行っています。事前検査は大きく分けて「咬合力の検査」「顎の動きの検査」「噛んでいる位置の検査の3つがありますが、これら3つの検査を受けて頂くことで、治療の精度や成功率を格段に向上させることが可能となります。

事前検査の種類

咬合力の検査

「オークルーザ709」という機器を使用し、デンタルプレスケールと呼ばれる紙を噛んで頂いて咬合力を検査します。検査時間は5分程度で、1回1,000円程度のご負担で受けて頂けます。定期的に検査を受けて頂きデータを時系列に保存することで、噛み合わせの治療指針として活用することもできます。

顎の動きの検査

「DIGMA」という機器を使用し、きちんと1点で噛めているか顎の動きを三次元的に検査します。検査時間は15分程度ですが、歯型を採取しなければいけないため3回程度の通院が必要となります。
通常、人間がものを噛む位置は3次元的に1点ですが、噛み合わせが悪いと1点で噛めておらず、他の部位に過度な負担がかかってしまっている場合があります。こうした場合、他院で入れた補綴物の不具合が原因であることが多いため、当院で治療をやり直さなければいけないケースもあります。

噛んでいる位置の検査

「CBT」という機器を使用し、口を開閉した時にそれぞれの歯が同じ位置(終末位)に戻ってきているか検査します。終末位が一定でないまま放置すると、将来的に歯が欠けたり、顎関節症の原因となったりすることがあります。

ホームページを見たとお伝えください TEL:078-593-2622
冨田歯科クリニックからのお知らせFacebook 冨田歯科クリニックYouTube 冨田歯科クリニック