精密な検査と歯科治療のための設備

歯科用3DデジタルCT

歯科用CT

歯科用CT・デジタルレントゲンで撮影を行うことにより、歯を支える歯ぐきの中の骨の状態、歯の根の中で虫歯がどれだけ進んでいるか、肉眼で表面上見ただけでは決してわからない内部までしっかり把握します。

 

 

 

歯科用CTのメリット

歯科用CTイメージ

CT導入により治療の診断が向上します
CTでは、従来のレントゲンでは見えなかった顎の骨の立体的な形態や、神経の位置把握、さらに骨密度の診査にも利用できます。
従来の医科用レントゲンと比べて放射線量が少なく、短時間で撮影でき、患者さんのお身体への負担も軽減します。
また、立体画像で状態を確認できますので、患者さんにとって安心、納得の治療が行えます。

どのような治療に効果的なの?

インプラント

インプラントの術前検査、埋入位置の確認、術中、術後評価など、より精密な治療をすることができます。
特に、安全性と正確性が求められるインプラント治療での歯科用CTによる三次元画像診断とそれによるシミュレーションは必須と言えます。

親知らずの抜歯
親知らずなどの埋まっている歯の位置が把握できるので、埋まっている歯も的確に抜くことができます。

歯周病の診断

目には見えない歯の根っこの先までの状態を的確に把握することができ、今まで以上に精密な診断が可能になりました。

そのほかのメリット

検査結果等が即座にでわかります。
CTの撮影が必要な場合に、提携病院へ行かなくても撮影可能なのと、院外撮影に比べると、患者さんの自己負担が半分以下で済みます。

 

顕微鏡(マイクロスコープ)

マイクロスコープ

顕微鏡(マイクロスコープ)を使った治療の大きな特徴は、肉眼では見えないものを3倍から30倍程度にまで拡大観察できるということです。
肉眼では見えないぐらい小さなむし歯を発見すれば初期段階での治療が出来ます。

歯の根の部分、神経が入っている管も、顕微鏡治療では明るく拡大出来ますので、従来のレントゲン治療とは大きな差が出ます。

 

メリット

肉眼では見えないぐらいの被せ物や詰め物のズレなど不適合部分から入り込んだ菌が、むし歯を発現させているということが少なくありません。

歯周病治療、インプラントなど、歯科治療のあらゆる分野でメリットがあります。

どのような治療に効果的なの?

コンポジットレジン修復

主に初期から中期のむし歯の治療に用いられるプラスチックの詰めものです、

コンポジットレジンは使用しやすい反面、とても繊細な材料で詰め方によって大きな差が出ます。

顕微鏡(マイクロスコープ)を用いて時間をかけて丁寧に詰めれば、適合性と美しさを兼ね備えた治療を行えます。

 

根管治療・歯内治療

根管とは、歯の中の神経(歯髄)が入っている管のことです。

根管がむし歯で感染すると、神経を取り除かなければなりません。

顕微鏡(マイクロスコープ)で根管内を詳細に観察することが可能になると、感染源の見落としをかなり減らすことができ、細部にまで治療が出来るようになります。

歯周病治療

歯周病は歯の周りに細菌が感染し、歯周ポケットという溝をつくりながら歯を支える骨を徐々に溶かしていく病気です。ほとんどの場合は放置されたまま悪化し、晩年に歯を失う大きな原因となっています。

昔は歯石が原因といわれていましたが、現在では数種類の歯周病原菌がつくる”バイオフィルム”という頑固な薄い膜から染み出る毒素が原因ということも解っています。

治療はこの膜をいかに除去して再発を防ぐかが鍵になります。

 

インプラント

インプラント手術にはたいへん細かい工夫が必要です。

特に前歯の場合はただ入っているだけではなく、見た目の美しさも重要です。そのため、インプラントを入れる位置を細かく規定したり、歯肉の位置をコントロールしなくてはなりません。

顕微鏡(マイクロスコープ)はこれらの細かい操作を容易にし、機能的で見た目に美しいインプラント治療を行えます。

 

予防

患者さんに歯ブラシの話や歯のクリーニングをする歯科衛生士も使用致します。

予防の第一歩は、まず患者さんの口の中がいかに汚れているかを見ることから始まります。

顕微鏡(マイクロスコープ)に付いているビデオカメラにヘッドマウントディスプレイをつなげると

歯のクリーニングの際も細かい汚れを効果的に落とすことが可能になり、その後のホワイトニングの効果も高まります。

 

ホームページを見たとお伝えください TEL:078-593-2622
冨田歯科クリニックからのお知らせFacebook 冨田歯科クリニックYouTube 冨田歯科クリニック